オンライン英語ぴえん講座

スキミングのやり方と効果

スキミング

多くの方がいろいろな方法で英語学習を行って、英会話を能力をアップしようと努力していますが、効果的に学習している方はごく一部かと思われます。英語学習の中には、スキニングと呼ばれる学習法があり、効果的に英語スキルを上げれます。

英語ぴえん
英語ぴえん
学習をしている方の中には、スキニングって何?やり方は?スキャニングとはどう違うの?効果はあるの?と思う方もいるかもしれません。そこでこの記事では、スキニングについてまとめています。

スキミングとは?やり方は?

英語ぴえん
英語ぴえん
英語学習法の1つスキニングですが、英文に書かれている全体の内容が、どういったものなのか?把握するための手法です。

初心者の方や慣れていない方だと、どういった内容が書かれているのかイマイチ分からなかったり、重点部分が分からないことがあります。英文全体を読むスピードが遅くなったり、読解するのにも時間がかかってしまい、心が折れて挫折することに繋がります。

そんな時に、スキニングの方法を使うことで、書かれているか英文がどういった内容がなのか、重点はどこなのか、ピックアップすることが可能です。つまり、スキニングはTOEICの試験などで、どこが重点なのか把握しやすくなるので、英文全体を素早く解読することができます。

スキニングを上手く使うことで、解読スピードが上がりリスニング力もアップしますので、高得点を取ることもできるでしょう。スキニングはあくまでも、その重点を解読するという意味で活用できますので、細かい部分までは把握できません。しかし、英語学習するにあたってスキニング方法は、十分に英語スキルアップをすることができますので、その効果に期待できるでしょう。

スキミングとスキャニングの違い

英語学習法の中にはスキニングとスキャニングがありますが、多くの方がこの違いをしっかりと理解できていません。そのため、誤った学習方法をしてしまって、効果的に英語を学ぶことができず、英語スキルをアップできない傾向にあります。英語学習を始めるにあたって、スキニングとスキャニングの違いや意味を知ることが重要です。

スキャニング
スキャニングのやり方と効果英語学習をしている多くの方が、英単語や英文がどういう意味なのか、何が書かれているのか、解読しようと努力しています。しかし、なかなか英語ス...

まず、スキニングとは先ほどにも申しましたが、英文全体の意図を掴むこと、それから重点がどこで?何かが書かれているのか、解読することを重要としています。スキニングの効果を上げるためにも、英文をいかに早く読むかを、目的としていることにも特徴があります。

しかし、スキャニングは、あくまでも英文の中から、特定の知りたい情報だけを見つけること、ここに重点を置いているのが特徴です。スキニングとスキャニングは、2つとも似ているようで異なる学習法ですので、この違いをはっきりと理解した上で、英語学習を取り組むことが大切になります。

英語ぴえん
英語ぴえん
スキニングとスキャニングの違いをしっかりと理解することで、より効果的に効率よく、英語学習をすることができ、リスニング力もアップすることでしょう。

スキミングの効果

スキニングのやり方やスキャニングとの違いは分かったけど、スキニングには本当に効果はあるの?と思う方も居るかもしれません。中には、解読するスピードがアップする以外に効果は得られるの?と考える方も居るでしょう。スキニングで得られる効果には、英文を早く読めるだけでなく、長文を最後まで読み通せる、読解力が向上するといった効果に期待できるでしょう。それらの効果を以下で詳しく紹介していきます。

英文を早く読めるようになる

英文というのはどうしても長文になってしまい、全てを読み上げるのに時間がかかってしまうものです。特に英語学習の初心者の方の場合、経験者よりもさらに時間がかかることでしょう。それに伴い諦めてしまうでしょう。

スキニング能力の低い方は、英検の試験で出てくる長文を読むのに時間がかかってしまい、時間内に終わらせることができない方も居るでしょう。中には高得点を得られなかったり、合格しなかった経験もあるかと思います。しかし、しっかりとスキニング能力を持っている方は、それらを可能にしています。

スキニング能力をしっかりと身につけている方は、1つ1つの英単語を理解できているので、英文を早く読めるようになります。

長文を最後まで読み通せるようになる

多くの方が、長文を最後まで読もうとして頑張りますが、大半の方諦めてしまう傾向にあります。

しかし、スキニング能力を上げることによって、英文を読むスピードが向上していきます。そのため、長文を最後まで読むことができるようになるでしょう。長文を最後まで読み通せるということは、読解量を増やせる効果が得られますので、英文の中に書かれている、自分の知りたい情報がより多く入ってきます。

もちろんこれは、TOEICの試験などでも十分に活用できますので、時間内に全ての問題を解くことが可能です。スキニングをする際に大切なのは、読解するスピードを上げて、最後まで英文を読む通すことが重要となります。

読解力が向上する

スキニングで得られるの効果として、読解力が向上するメリットにあります。やはり、読むスピードを上げるためには、理解することが重要です。

英文に書かれている内容を正しく読解できなければ、スキニングをしている意味がありません。つまり、英検などの試験で全ての問題を埋めたとしても、読解能力が低ければ、高得点を出すことはできないため、正しくやり方で読解を上げることが重要です。

正しくやり方でスキニングを行うことによって、誰でも確実に読解力が向上していき、その効果、リスニング力も高められると言うことです。

スキミングのコツ

上記では、スキニングのやり方や効果などを紹介してきましたが、理解できた方もいれば、もう少しコツを知りたい方もいるでしょう。英語学習を行っていくうえで、正しくスキニングの能力を上げていくコツは、タイトルなどを把握すること、主張と結論に注目、段落のセンテンスなどが挙げられます。以下でこれら3つを詳しく見ていきましょう。

タイトルや見出しなどの概要を把握する

まずスキニング効果を高めるコツとしまして、文章に書かれているタイトルや見出しなど確認をすることです。

それらを確認する事によって、その文章に何が書かれているのか?しっかりと把握することで、スキニング能力は格段にアップしていきます。それから文章全体に目を通していき、その文章に何が書かれているのか、読解していきます。

スキニング能力が上がることで、リスニング力も向上していきますので、文章を読むスピードも自然にアップしていくでしょう。

主張と結論に注目する

その文章に書かれている主張と結論に注目する事によって、スキニング能力をさらにアップしていくでしょう。

英文の文章はというのは、第1段階に主張、第2~第4段階までが、その理由が書かれており、第5段階に結論が書かれています。つまり、英文の主張と結論に何が書かれているのか把握することで、その文章の全体図が分かるようになり、読むスピードが早くなるということです。

英検の試験においても、この段階形式になっていますので、スキニングを行う際はこれらをしっかりと理解した上で、行いましょう。

段落のセンテンスを見つける

スキニング効果的に行うためには、段落のセンテンスを見つけることが重要です。基本的に英文は、1つの段落に1つの主張しかできません。

1つ1つの段落のセンテンスを見つけることができれば、その段落の文章を全て読む必要がなくなります。しかし、慣れていない方や初心者の方ですと、このセンテンスを見つけるのは、なかなか難しいかもしれません。

ある程度、英語スキルをアップしてから行うと、英文の中の段落のセンテンスを見つけやすくなるでしょう。スキニングを行う際は、まず段落のはじめの文章を確認することで、その文章の全体に、何が書かれているのかが見えてきます。

まとめ

ここまで、スキニングとスキャニングとの違い、スキニングのやり方と効果、そしてコツについて解説してきました。まずは、スキニングとスキャニングの違いをよく理解したうえで、スキニングを行うことが重要です。

スキニングはあくまでも、英文が書かれている全体の内容を把握して、何が書かれているのか、解読することを目的としています。この目的をしっかりと把握することで、スキニング効果は効率よく得られますので、正しくやり方で行うことが大切です。

しっかりとスキニングができるようになれば、どんなに長い英文であっても、早く読めるようになり、読解も簡単にできるようになります。